MENU
AI講座

今後さらなる発展を見せる
AIプログラミング知識を無料で修得!

AIP Collegeは、2020年4月より、新たに短期修得型のAI学習コースを開講します。
これまで「人工知能講座」として開催していたコースを「Python講座」「AI講座」の2種類に分け、難易度区分けをより明確にしました。さらに「AI講座」は3つの個別テーマを設置し、より専門的な知識の修得が可能となっています。
すべての講座の受講料・テキスト代は無料となっています。そのため、ご自分のパソコンさえお持ちであればすぐに学習を始めることが可能です。1日完結型の講義のため、就業中の方でも気軽にお申込みいただけます。

AIとは?

「AI」とは、「Artificial Intelligence」を略した言葉です。「Artificial」=『人工の』『人工的な』、「Intelligence」=『知性』『知能』という意味であり、両方を合わせて略した「AI」とは、「人工の知性」=「人工知能」という意味になります。人工知能の研究は盛んに行われていますが、その定義はいまだはっきりとは決まっていません。平易な言葉で表現すると、知的な情報システムの設計や実現を研究する分野と言えます。

AIプログラミングに必要な言語

AIプログラミングには、行わせたい処理によっていくつかの種類があり、それぞれ適しているプログラミング言語も異なります。AIプログラミングを行うにあたっておすすめの言語としてよく挙げられるのは以下の3つです。

  • Python
  • R
  • Julia

Python

プログラミング初心者にも学びやすく、扱える分野の幅が大きいため、まず挙げられる言語です。文法の構造が簡単であることや、人工知能の一分野である機械学習に利用できるライブラリが豊富に存在するため、AIプログラミングを始めるのであればまずPythonを学ぶのが良いとも言われています。
 欠点として処理速度が遅いことがありますが、AIプログラミングに使用するのであれば「Numpy」や「scikit-learn」といったライブラリを利用することができ、スピードアップも可能となります。AIP Collegeでは、Pythonの基礎からこれらのライブラリを利用したAIプログラミングの方法まで体系的に学べるコースカリキュラムを用意しております。

※ライブラリ…Python環境にインストールして機能を拡張できるもの。関数やクラス等がまとめられている)

R

Rは主に統計の分野に用いられるプログラミング言語です。Pythonのような汎用性には欠けるため、より専門的なプログラムを書くときに活用が期待できます。もともとは研究機関等で用いられていた言語で、データサイエンティスト等の職業が普及してきたことにより、民間企業にも導入され始めています。修得難易度は高めとなります。

Julia

2012年に公開された比較的新しいプログラミング言語です。簡易性は保ったまま前述のPythonやRと比べて処理速度が速いという特徴があります。また、PythonやRのライブラリはJuliaでも利用することができます。後発の言語のためより使いやすいよう開発されており、今後のアップデートによりさらなる発展が期待できる言語です。


上記の言語のほかにも、JavaScriptやC言語を利用しての開発も行われています。

AIの活用事例

AIの活用分野は多岐にわたり、既に日常生活にも取り入れられ始めています。例えば、昨今AI搭載型の家電が多く開発されています。室内の温度変化データや室内の人間の生活パターンを蓄積し、効率的に稼働することで電気消費を削減するエアコンや、音声で操作して献立を提案してくれるオーブン等、AIを利用することによりそれぞれの家庭に最適な働きをもたらすことが可能となります。
 自動応答によって顧客からの簡単な問い合わせの回答、宅配の再配達の予約等を行い人件費の削減に貢献してきたチャットボットや、スマートフォンに搭載されているSiri等に見られる対話機能は日々発展を続け、顔認識や音声認識システムと合わせて企業の受付を担当できるまでになりました。
 今後もAIの需要はますます高まり、それに伴いAIエンジニアの価値も向上していくことが予想されます。日々劇的な勢いで発展していく社会において、いち早くAIプログラミングの知識を身に付けることは、一生活用できる財産となります。AIP Collegeでは、今後もカリキュラムを充実させ、AI業界の発展に貢献していく所存です。

コース種別

講座 修得スキル一覧表

各コースの難易度は、以下を基準としております。
※表をクリックすると、PDFで拡大して表示できます。