MENU

エンジニアインタビュー
INTERVIEW

インタビュー5

エステサロン勤務から、情報支援システム開発エンジニアへ転身!!

プロフィール

●1994年生まれ 24歳
●略歴
 エステサロン勤務3年
●エンジニア歴
 なし
●現在の職務
 大手企業にて、業務支援システム開発

前職は何をしていましたか?

エステサロンへ就職し約3年間勤務していました。お客様のコースの施術、カウンセリング・コース・商品の販売といった接客業務、そして専用システムへのデータ入力や在庫管理といった事務作業まで、幅広い業務を行っていました。

現在の業務は?

既存の情報支援システムに対し、新規追加機能の開発に携わっています。主な言語はJavaを使用していますが、Webアプリの開発のためJavaScript、CSSなど他の言語も使用しています。そのため分からないことが多く毎日試行錯誤しています。
 画面が動くようにコーディングをするのが難しく、普段利用している検索サイト等がどれほど作るのに大変なのか身をもって感じています。まだできないことも分からないことも多いのですが、覚えることが多い分日々確実に成長できていることが感じられます。

エンジニアになったことで変化はありましたか?

今まで何気なく使っていた製品やサイトが開発に莫大な時間がかかっていることがわかり、使用しているアプリのバグなどが起きるとこのバグの修正は大変だろうなと、制作側の気持ちを考えるようになりました。

IT業界の仕事に興味を持ったきっかけは?

前職で使っていた業務用システムの利便性が悪く、もっと使いやすいシステムを自分で作れたらいいなと思いIT業界に興味を持ちました。今までプログラミング言語を学んだことがなかったので、未経験でも入校可能なITスクールを探していました。

なぜAIP Collegeで学んでみようと思いましたか?

未経験でもプログラミングを学べるところに一番惹かれましたが、決め手は自分で来校日を選べるというところです。忙しい時期でもスケジュールを組みやすかったのがとても助かりました。

AIP Collegeでの学習の中で意識して行っていたことはありますか?

最初は何の知識もないまま初回の授業を受けたところ、先生の言っていることがほとんど理解できず、分からないことばかりで何をどう質問したらいいのかわかりませんでした。
 知らない単語があれば自分で必ず調べて、自分で調べた内容でも理解ができなできないときに先生に質問するようにしていました。今でも知らない単語は調べてノートにまとめるようにしています。

これからIT業界に挑戦しようと考えている方へメッセージをお願いします。

私自身まだスタート地点に立ったばかりです。「ITに興味があるけど自分に向いているか分からない」「プログラミングって難しそう」と思わずに、興味があるなら一緒に挑戦しましょう。