MENU

エンジニアインタビュー
INTERVIEW

インタビュー7

「開発体験」で不安を払拭し入校。受講中は誰よりも多く質問をしました。

プロフィール

●1989年生まれ 29歳
●略歴
 介護福祉業界 4年
 飲食業界 5年
●エンジニア歴
 なし

前職は何をしていましたか?

飲食店で調理・提供・店長業務をしていました。

IT業界の仕事に興味を持ったきっかけは?

PCに触れることがもともと好きだった事もありますが、どの仕事についてもPCを使った仕事を任されることが多く、せっかくならPCに使われる人間ではなく、PCを使う人間になりたいと思ったことがきっかけです。ただ自分の中のIT業界に対するハードルはとても高く、自分にはできないと思い込んでいました。
 しかし、「プログラマーに必要なのは技術だけではなくコミュニケーション能力も重要」 と1Day体験コース(※旧称。現「アプリ開発体験」以下同様。)で教えていただき、「それならたくさん経験してきたし自分でもやれるかも」と思ったのがきっかけです。

なぜAIP Collegeで学んでみようと思いましたか?

やはり「受講料無料」という言葉をHPで拝見し、その取り組みに感銘を受けて受講を決めました。 また、前述の通り1Day体験コースの存在が大きかったと思います。1日で体験できるならやって損はないかなと思い申し込みました。

AIP Collegeで学習中に意識して行っていたことはありますか?

私のITスキルはPCを触ったことがあるというレベルでプログラミング言語とは程遠い生活をしていたため、自宅ではスクールから配られた資料を読み返し、自宅のPCでも同じことができる環境を作り復習をしていました。
 新しいことに触れているということもあり、苦はなく楽しく復習をしていました。限られた時間の中での受講だったので受講時にはすでに質問がある状態を意識して作っていました。先生や他の生徒さんには少し迷惑をかけたかと思いますが、受講中はだれよりも質問をした自信があります。

これからIT業界に挑戦しようと考えている方へメッセージをお願いします。

何かを始めるきっかけは身の回りに多くあります。ただ、新しい事、新しい環境、新しいチームというのは少なからず怖くなるものです。技術、年齢、環境などを理由にできない理由を探すものです。私も同じでした。
 変化することの怖さより、変化を拒むことの方が怖いことであったのだと私はやってみて思いました。知らないことを知ることができ、知っていることをより深めることができる。IT業界はそのような業界だと思います。一緒に頑張りましょう。