MENU

Javaエンジニアになるためのスキルを無料で修得!

AIP Collegeは開校以来、”プログラミング未経験者でもJavaの基礎知識を修得できるプログラムの提供”に注力してきました。そして2019年7月より、基礎を学んだ受講生が次のレベルへとステップアップするための学習プログラムの提供に取り組んでまいります。
 これまで「Java講座 プログラミング基礎コース」として開講してきたものを「Java講座 初級コース」と位置づけ、初級コースを終えた方およびそれと同等の知識を有する方のために、新たに「Java講座 中級コース」をご用意。無理なくレベルアップを図ることができるようカリキュラムを構成いたしました。初級コースと合わせて、より実践的で高度なJavaプログラミング知識の習得にチャレンジしていきましょう。

Javaプログラミング言語について

Javaは、IT業界で高いシェアを誇る人気のプログラミング言語です。それ故に指南書等も多く出版されており、初心者が学習しやすい言語でもあります。人気の理由として、「オブジェクト指向」という考え方を利用して統一した記述が可能であること、複数人で行う大規模な開発案件等に採用され易いことが挙げられます。
 また、一度プログラムを書けばWindows、Mac、LinuxとOSを限定しないで動く点もメリットの一つです。Javaを記述するためには「Eclipse」というソフトをあらかじめインストールしておく必要があります。

Javaプログラムの活用範囲

Javaで開発できるシステムの種類は数多くあり、その活用範囲も多岐にわたります。

  • Androidアプリの開発
  • 業務系システム(金融機関、顧客管理等)
  • 家電製品
  • Webサイト構築
  • Microsoft Office等のデスクトップアプリ

特にAndroidアプリの開発はこれからどんどん発展していく分野のため、注目が高まっています。

なぜ、初心者は最初にJavaを学ぶべきなのか?

Javaエンジニアに対する需要は依然として高いにもかかわらず、未だにその数が不足しています。そのため、未経験者からでもしっかり勉強を進めれば、一流のエンジニアとしてスキルアップや高い年収を目指すことが可能です。また、C♯やRubyなどJavaと似通った部分のあるプログラミング言語は多いため、Javaを最初に学ぶことはその後の学習を助けることとなります。

コース種別

コース種別 コース種別1 コース種別2

Java講座 修得スキル一覧表

各コースの難易度は、以下を基準としております。
※表をクリックすると、PDFで拡大して表示できます。