MENU 資料請求

利用規約
Terms of service

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ジャパニアス株式会社(以下、当社といいます。)が運営する無料プログラミングスクールAIP College(以下、「本校」といいます。)の利用条件を定めるものです。受講生の皆様には、本規約に従って本校のサービス(以下、「本サービス」といいます。)をご利用いただきます。受講生は、本サービスを利用することにより、本規約に同意したものとみなされますので、本サービスの利用に先立ち、本規約の内容を十分にご確認ください。

第1条(総則・適用範囲)

  • 1. 本規約は、受講希望者および受講生と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
  • 2. 当社が本規約以外に別途受講希望者および受講生向けに本サービスに関する利用条件等(以下「別途利用条件等」といいます。)を提示した場合は、受講希望者および受講生は、本規約のほか、別途利用条件等に従って本サービスを利用するものとします。
  • 3. 本規約の内容と別途利用条件等の内容とが異なる場合には、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
  • 4. 本サービス又は当社ウェブサイトの提供に際してリンクされた他のウェブサイトその他のサービス(以下、併せて「外部サービス等」といいます。)については、外部サービス等について定められる利用規約等に従ってご利用ください。

第2条(定義)

  • 1. 「当社」—ジャパニアス株式会社
  • 2. 「講師」—授業を担当する当社所属の講師
  • 3. 「本校」—当社が運営するプログラミングスクール「AIP College」
  • 4. 「入校希望者」—本校への入校を希望する者
  • 5. 「受講生」—本校に入校を希望し、本利用規約に同意した者のうち、当社が承認をした者
  • 6. 「教材」—当社が受講生に提供する教科書、コンピュータープログラム
  • 7. 「登録情報」—本サービスの提供を受ける目的で、入校希望者または受講生が当社に提供する一切の情報
  • 8. 「個人情報」—登録情報のうち、特定の個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)

第3条(本校の利用条件)

  • 1. 本サービスの利用者(以下「ユーザー」といいます。)のうち入校希望者は、当社の定める利用規約を遵守することに同意し、当社の定める方法によって入校を申請し、登録情報を当社に提供するとともに、当社がこれを承認することによって、入校手続きが完了するものとします(以下、入校手続きが完了した者を「受講生」といいます。)。
  • 2. 入校希望者は、前項に基づく登録の申請に当たり、以下の各号に掲げる全ての事項を確認し同意の上、申請するものとします。
    • ●利用規約を遵守して本サービスを利用すること
    • ●個人情報の利用範囲、第三者提供への同意
    • ●利用規約に違反した受講者に対する退校処分またはその他の不利益取扱い
    • ●本サービスに関する知的財産権の当社への帰属
  • 3. 当社は、入校希望者の登録の可否及び申込みに対する承諾の可否を判断し、当社が入校希望者に対して入校を承諾する旨の通知をすることにより、受講生としての登録が完了するものとします。なお、当該通知は、当社が指定する方法により行うものとし、はその方法による旨を承諾するものとします。
  • 4. 当社は、入校希望者につき以下の事由があると判断した場合、入校の申請を承認しないことができます。
    • ●利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
    • ●他の受講生の学習を妨げる可能性があると当社が判断した場合
    • ●本規約に違反したことがある者からの申請である場合
    • ●反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者、これらと密接な関係を有する者をいいます。以下同様です。)に該当するか、又は、反社会的勢力等によってその経営を支配していると認められる関係、反社会的勢力等がその経営に実質的に関与していると認められる関係、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的若しくは第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力等を利用していると認められる関係、反社会的勢力等に対して資金等を提供し、便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係、役員若しくは経営に実質的に関与している者が反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有すると認められる場合
    • ●前各号に掲げる事由のほか、当社が利用登録を相当でないと判断した場合
  • 5. ユーザーは、登録情報の登録にあたっては、真実かつ正確な情報を提供しなければなりません。当社は、入校希望者および受講生が登録した登録情報を前提として、本サービスを提供いたします。登録情報の内容に虚偽、誤り又は記載漏れがあったことによりユーザーに損害その他の何らかの不利益が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。
  • 6. ユーザーは、登録情報に変更があった場合は、その変更から7日以内に、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知するものとします。
  • 7. 前項の通知を怠ったことにより当社からの通知が不到達となった場合、当該通知は通常到達すべき時に到達したとみなされるものとします。

第4条(禁止事項)

受講生は、本サービスの利用にあたり、自ら以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはならず、また、第三者をして行わせてはなりません。

  • ●法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為及びこれらを助長する行為又はそのおそれのある行為
  • ●他の受講生その他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為その他一切の違法行為
  • ●当社のサーバー又はネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  • ●当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  • ●講師の雇用条件、住所又はインターネット回線など、当社が開示していない情報を詮索、探査、調査、解析する一切の行為
  • ●当社、講師、求人企業又は他の受講生等その他の第三者に成りすます行為
  • ●反社会的勢力等に該当すること、又は、当社のサービスに関連して、反社会的勢力等に対して直接若しくは間接に利益を供与する行為
  • ●営利目的又は一般公開目的(営利目的か非営利目的かを問わない)その他私的利用目的以外の一切の目的のために、本サービスを利用すること
  • ●バースエンジニアリングに該当する行為を行うこと
  • ●公序良俗に反し又は善良な風俗を害するおそれのある行為
  • ●当社又は講師に対する嫌がらせ、不良行為、その他受講の進行を妨げる等の一切のハラスメント行為
  • ●当社、講師、求人企業又は他の受講生その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為
  • ●虚偽のデータ等を公開し又は投稿する行為
  • ●講師、求人企業又は他のユーザー等の情報の収集を目的とする行為
  • ●他の受講生のアカウント又はパスワードを利用する行為
  • ●当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為
  • ●面識のない他人との接触を目的とした行為
  • ●本規約及び本サービスの趣旨・目的に反する行為
  • ●前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
  • ●その他、当社が不適切と判断する行為

第5条(登録情報・個人情報)

  • 1. 当社は、登録情報を、以下各号の目的で利用します。
    • ●本校の運営(当社から受講生に対して、あらゆる情報を提供することを含みます)
    • ●当社が受講生にとって有益だと判断する当社のサービスまたは、広告主や提携先企業の商品、サービス等に関する情報の提供
    • ●受講生に対する、本校に著しく影響を及ぼす事柄(カリキュラムの大幅な変更、一時停止を含みますがこれらに限られません)に関する連絡
    • ●受講生に個人情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡
  • 2. 当社は、登録情報について、以下各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとします。
    • ●本校の向上、関連事業開発及び提携企業のマーケティング等の目的で登録情報を集計及び分析等する場合
    • ●前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて、第三者に開示または提供する場合
    • ●個人情報の開示や利用について受講生の同意がある場合
    • ●受講生が希望するサービスを提供する目的で、提携先等第三者が個人情報を必要とする場合(なお、当該提携先等の第三者は、当社が提供した個人情報をサービス提供のために必要な範囲を超えて利用することはできません)
    • ●法令に基づく場合
    • ●当社、受講生その他第三者の生命、身体もしくは財産、または当社が提供する一切のサービスの保護のために必要がある場合
    • ●公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  • 3. 当社は、個人情報について当社のプライバシーポリシーに基づき取り扱うものとします。

第6条(知的財産権等)

  • 1. 当社が受講生に提供する教材、及び教材を基礎として受講生が作成した成果物に関する特許権 (特許を受ける権利を含む)、商標権、著作権(著作権法第 27 条及び第 28 条に定める権利を含む)その他すべての知的財産にかかる権利(以下、総称して「知的財産権」という)は、当社に帰属するものとします。
  • 2. 受講生が受講中、制作したプログラムを含む成果物及び当教室に関連して制作した成果物に関する特許権(特許を受ける権利を含む)、商標権、著作権(著作権法第 27 条及び第 28条に定める権利を含む)その他すべての知的財産にかかる権利(以下、総称して「知的財産権」という)は、これらの成果物の一部または全部に第三者の知的財産権が含まれない限り、受講生本人に帰属するものとしますが、当社は成果物を広告・宣伝・出版等の目的で利用する権利を有するものとします。
  • 3. 当社は、受講生が本校において投稿、アップロードまたは保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本校の円滑な運営、改善、当教室または当社の提供するサービスの宣伝告知等を目的として、 あらゆる態様で利用できるものとし、受講生はこれに同意するものとします。

第7条(本校の運営)

  • 1. 当社は、以下各号の事由に起因する場合、本校の運営に関する全部または一部を停止することができるものとします。
    • ●当社が、定期的または緊急に、本校運営のためのコンピュータシステムの保守・点検を行う場合
    • ●火災・停電、天災地変等の非常事態により本校の運営が不能となった場合
    • ●戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、当教室の運営が不能となった場合
    • ●サービス提供のためのコンピュータシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウイルスの感染等により当教室を提供できない場合
    • ●法律、法令等に基づく措置により当教室が提供できない場合
    • ●当社が受講生に対し、事前に電子メールその他の手段により、合理的な範囲で周知した場合
    • ●その他、当社が止むを得ないと判断した場合
  • 2. 当社は、前項により本校の運営を停止する場合、合理的な範囲で、事前に電子メール、電話、その他の手段により、受講生に対し、その旨を通知するものとします。 但し、緊急の場合は、この限りではありません。
  • 3. 当社は受講生に対し事前に通知しまたは受講生から承諾を得ることなく、いつでも任意に、カリキュラムの内容または名称を変更することができるものとします。

第8条(受講生の安全確保)

  • 1. 当社は、受講中の受講生の安全管理について十分な注意を払いますが、万が一、受講生に傷病等が発生した場合は、当社に故意または重過失がある場合を除いて当社は責任を負わないものとします。
  • 2. 当社は、本校の通学中の安全確保や事故トラブル等の対応について、責任を負わないものとします。
  • 3. 当社は、教室内での盗難について、責任を負わないものとします。

第9条(写真等の撮影及び利用)

  • 1. 当社は、受講中の受講生の写真・動画等の撮影を行う場合があります。撮影した受講生の写真・動画等は、当社ホームページや当社の制作する告知、販促物等に使用する場合があり、受講生は予めこれを了承するものとします。受講生は、写真・動画等の撮影及びその使用を拒否する場合は、入校時に必ず申告するものとします。当社は、事前の撮影・使用拒否の申告が無かった場合、写真・動画等の及びその使用に、受講生が同意したものとみなします。
  • 2. 受講生は、受講中に、テレビ、新聞、ラジオ、ウェブメディア等の取材が行われる場合があることを了承し、当該取材を拒否する場合は、講師又は取材者に、事前に申告するものとします。当社は、受講生から申告が無かった場合、当該取材に同意したものとみなします。
  • 3. 受講生は、受講中の写真・動画等を撮影する場合や、撮影した写真・動画等をインターネット等に公開する場合には、他の受講生の顔や個人情報等が写らないようにする、又は、撮影やインターネット上の公開に同意を得て行うものとします。

第10条(権利義務の譲渡禁止)

受講生は、当社の書面による事前承諾なしに、本規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。

第11条(本規約の改訂)

  • 1. 当社は、随時本規約を改訂することができるものとします。
  • 2. 当社は、本規約を改訂した場合、電子メールまたは本校に関するウェブサイト等を使い随時、受講生に告知するものとします。

第12条(協議・管轄裁判所)

  • 1. 当社、本校に関連して、受講生またはその保護者、当社、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
  • 2. 本規約に関する一切の訴訟その他の紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第13条(準拠法)

  • 1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。